2014/07/31

レコード入門(その1)「アナログの魅力ってなんだろう?」

こんにちは!インターンの鈴木です。
今まで興味はあったのですが、なかなか1歩を踏み出せていなかったレコードの世界に、チーフエンジニア森崎指導のもと足を踏み入れました!

最近はハイレゾ関係の話題も盛り上がってきましたが、アナログの良さというのは何なのでしょうか?新しい発見があり興味深く、まんまとレコードが好きになってしまいました!その経過を数回に渡り『レコード入門』と称してお伝えします。

では早速。レコードを聴くにはこの5つが必要です。

1. レコードプレーヤー
2. 針
3. フォノイコライザー
4. アンプ
5. スピーカー

今回は1. レコードプレーヤーについて紹介します! サイデラで所有しているレコードプレーヤーはこちら!



DENONのDP500M
国産ブランドのプレーヤー。DENONらしい太くてしっかりした音が特徴です。比較的構造もしっかりしており、安定感があります。
アナログは振動に弱いのでしっかり水平に置くことが大事です。MM型カートリッジ(詳しくは次回ご紹介します!)が付属されています。

自分の学生時代は放課後のバイト代でコツコツやりくりをし、レンタルショップでCDを借りることが楽しみでした。(携帯代を払わなくてはいけないのでCDを買えませんでした…)
そしてコンポでCDをMDにダビングして聴いていました。
現在CDを買えることだけでも嬉しいのですが、アンプ、スピーカー、レコードプレーヤーを単品で揃えるということが贅沢なことに感じます。

次回は特に重要な「針」についてのお話します!


サイデラ・マスタリング→www.saidera.co.jp
Saidera Mastering on Facebook→→www.facebook.com/saideramastering
電話でのお問い合わせ→03-5410-6789
メールでのお問い合わせ→→saideramastering2@gmail.com
[ サイデラ・マスタリングお問い合わせ/ご予約フォーム→ ]

0 件のコメント:

コメントを投稿