2015/04/30

サウンド&レコーディング・マガジン2015年5・6月号「TEAC HA-P90SD」レビュー

現在発売中の「サウンド&レコーディング・マガジン 2015年5・6月号」で、DSDネイティブ再生に対応のUSB DAC/オーデイオプレーヤーの「TEAC HA-P90SD」のレビューをチーフエンジニア森崎が担当しました。


TEAC HA-P90SDは最高1ビット/5.6MHzのDSDネイティブ再生と24ビット/192kHzのPCM再生に対応したUSB DAC/オーディオ・プレーヤー。本体にUSBが付いており、MAC/Windows/Android/iOSの各デバイス接続し、DACとして使うことができます。単体のオーディオプレーヤーとしては、本体に入れたmicroSD/SDHC/SDXCカードからファイルの再生が可能です。詳しい機能をご紹介したいところですが、そちらはぜひ「サウンド&レコーディング・マガジン 2015年5・6月号」をご覧ください!



実際に使ってみると、69.6(W)×123(H)×21.5(D)mmというサイズからは想像できないほど、演奏の熱量がストレートに伝わってきます。HA-P90SDがあれば高品質なオーディオ回路により、誰でもスタジオでアーティストが聴いているリアルな音を体感できます。


2015/04/24

出張サイデラ・モーニングセッション#62『はじめてのPro Tools。ステップ 6 ミックス編』



Pro Toolsを知って、使えるようになろう!
レコーディング、ミキシング、マスタリング。今日もどこかで使われているPro Toolsは、無償版の「Pro Tools | First」の登場もアナウンスされて、だれでも使えるようになります。サイデラ・モーニングセッションでPro Toolsのファーストステップを知り、音楽制作現場への第一歩を踏み出しましょう!

今回のステップ6はミックス編。録音・編集が済んだ複数のデータをまとめて作品にする最終的な仕上げの工程です。音量バランスの調整、エフェクトのかけ方等、ミックスの基本的なやり方とコツをわかりやすく解説します。

音楽制作の世界がもっと身近に体験できるようなセミナーです。全7回を予定していますが、どれも1回で完結する内容なのではじめての参加も大歓迎です。

+++
出張サイデラ・モーニングセッション#62『はじめてのPro Tools。ステップ 6 ミックス編』

講師:山下 潤(サイデラ・マスタリング インターンシップ、JAPRS Pro Tools検定Bランク取得)
日時:2015年5月13日(水)9:30-10:30 
場所:バレオコンジャパン http://valeoconjapan.jp/company-info/access/
東京都渋谷区神宮前5-46-12 Mビル2F
参加費:無料

☆お申込みは 会社名、氏名を記して以下のメールへお申込みください。折り返しご案内を差し上げます。
saideramastering2@gmail.com
☆多数の応募があった場合、抽選でのご案内となります。予めご了承ください。

2015/04/18

「アナログレコードのためのマスタリング」さあどんどん、アナログレコードもつくりましょう!


サイデラ・マスタリングはアナログレコードを強力に推進します!そして、アナログレコード(LP/シングル盤)のサウンドをよりよくしたい。ハイレゾ時代にふさわしい「レコードのためのマスタリング」メニューをつくりました。

+++

サイデラ・マスタリングの「アナログレコードのためのマスタリング」は、3つのステップでアナログレコードのためのマスターをつくります!
1.24ビット/96kHzで通常のハイレゾのマスタリングをする
2.アナログレコードのための調整をほどこす
3.アナログテープまたはCD-Rでマスターを仕上げる

1.24ビット/96kHzでマスタリングをする
サイデラ・マスタリングではミックスマスターが44.1kHzや48kHzであってもマスタリングは最低24ビット/96kHzで仕上げます。その理由は、アナログ機材を通ったサウンドをハイレゾでキャプチャーするため。さらにデジタルドメインのEQ処理をより細かくほどこすため。ハイレゾでマスタリングを仕上げると、自然な音色できめ細かく、奥行きや演奏の空気感がリアルに再現されます。ハイレゾは、小さなニュアンスの差がはっきりとわかります。反射音もしっかり聴こえるので、定位もさらに正確に伝わります。小さな差が積み重なることで、より感動する仕上がりになるのです。

2.アナログレコードのための調整をほどこす
アナログレコードにはカッティングできない音があります。低域と高域です。CDやデシタルではどんな音でも録音できますが、アナログレコードのカッティングでは、次の音は歪みや針飛びの原因となります。ボーカルの子音や、高域の矩形波。音量の大きな高域。左右に広がる低音などです。そういう音は通常「カッティング」の段階で削られます。「アナログレコードのためのマスタリング」では、マスタリング段階でそれらの調整するのです。単純に低域と高域を抑えるだけでなく、抑えたところをアナログレコードに入る音域でおぎなったり、必要な場合はパンニングの広がりを調整したりして意図しない歪みを予防します。そして、この調整もハイレゾでおこなうので繊細な部分まで追い込めます。

3.アナログテープまたはCD-Rでマスターを仕上げる
このように調整をほどこした音源は、完全に調整されたテープレコーダーSTUDER A820で1/4インチアナログテープに録音してカッティング用のマスターとして仕上げます。1/4インチアナログテープからアナログレコードをつくる、王道のやりかたです。アナログテープにより音のピークを自然におさえ、厚みのある、レコードカッティングに最適なマスターができあがります。アナログレコードと周波数特性が似ているアナログテープに録音したときにバランスのいい音に仕上げることで、アナログレコードがそのままに近い音で仕上がるのです。アナログテープは少し高価で、運搬の問題もあります。そういう場合はCD-Rでマスターを仕上げます。CD-Rは24ビット/96kHzからダウンコンバートした16ビットになってしまいますが、ハイレゾで仕上げたマスタリングのよさはしっかりと残ります。

CDやデータと同じ音は絶対に録音できないアナログレコードも、カッティングの前段階での調整をほどこすことでイメージする音に限りなく近いアナログレコードが仕上げられます。あるいはアナログレコードはCD音源よりも「踊れる」「テープコンプレッションを効かせた」「低音の厚みをだした」など意図してちがうサウンドに仕上げることもできます。さあどんどん、アナログレコードもつくりましょう!


1/4インチアナログテープマスターの「アナログレコードのためのマスタリング」料金
ハイレゾでマスタリングを仕上げて1/4インチアナログテープマスターをつくります。「アナログ」のよさを100%表現できる、王道のやり方です。

LPサイズ(50分まで):¥120,000+消費税
・50分までのハイレゾマスタリング
・アナログテープマスター x2巻
・アナログテープマスターの5.6MHzDSDアーカイブデータ

シングルサイズ:¥60,000+消費税
・20分までのマスタリング
・アナログテープマスター x1巻
・アナログテープマスターの5.6MHzDSDアーカイブデータ


CD-Rマスターの「アナログレコードのためのマスタリング」料金
ハイレゾでマスタリングを仕上げてCD-Rマスターをつくります。空気感やダイナミックレンジをしっかり残したCD-Rはハイレゾ時代のアナログレコード制作にぴったりです。

LPサイズ(50分まで):¥100,000+消費税
・50分までのマスタリング
・CD-Rマスター x1枚
・試聴用オーディオCD-R x1枚

シングルサイズ:¥50,000+消費税
・20分までのマスタリング
・CD-Rマスター x1枚
・試聴用オーディオCD-R x1枚

最近、オノが手がている「5.6MHz DSD ダイレクトカッティング」については、お問い合わせください。


サイデラ・マスタリング→www.saidera.co.jp
Saidera Mastering on Facebook→→www.facebook.com/saideramastering
電話でのお問い合わせ→03-5410-6789
メールでのお問い合わせ→→saideramastering2@gmail.com
[ サイデラ・マスタリングお問い合わせ/ご予約フォーム→ ]

2015/04/17

出張サイデラ・モーニングセッション#61『はじめてのPro Tools。ステップ 5 覚えておきたい編集オペレーション編』



Pro Toolsを知って、使えるようになろう!
レコーディング、ミキシング、マスタリング。今日もどこかで使われているPro Toolsは、無償版の「Pro Tools | First」の登場もアナウンスされて、だれでも使えるようになります。サイデラ・モーニングセッションでPro Toolsのファーストステップを知り、音楽制作現場への第一歩を踏み出しましょう!

今回のステップ5は覚えておきたい編集オペレーション編。別々の録音データをきれいにつなげる、複数トラックのタイミングを揃える等、実際の作業で必ず使う基本的な編集方法とコツを、Pro Toolsを操作しながらわかりやすく解説します。

音楽制作の世界がもっと身近に体験できるようなセミナーです。全7回を予定していますが、どれも1回で完結する内容なのではじめての参加も大歓迎です。

+++
出張サイデラ・モーニングセッション#61『はじめてのPro Tools。ステップ 5 覚えておきたい編集オペレーション編』

講師:山下 潤(サイデラ・マスタリング インターンシップ、JAPRS Pro Tools検定Bランク取得)
日時:2015年4月22日(水)9:30-10:30 
場所:バレオコンジャパン http://valeoconjapan.jp/company-info/access/
東京都渋谷区神宮前5-46-12 Mビル2F
参加費:無料

☆お申込みは 会社名、氏名を記して以下のメールへお申込みください。折り返しご案内を差し上げます。
saideramastering2@gmail.com
☆多数の応募があった場合、抽選でのご案内となります。予めご了承ください。

2015/04/10

出張サイデラ・モーニングセッション#60『はじめてのPro Tools。ステップ 4 編集編』


Pro Toolsを知って、使えるようになろう!
レコーディング、ミキシング、マスタリング。今日もどこかで使われているPro Toolsは、無償版の「Pro Tools | First」の登場もアナウンスされて、だれでも使えるようになります。サイデラ・モーニングセッションでPro Toolsのファーストステップを知り、音楽制作現場への第一歩を踏み出しましょう!

今回のステップ4は編集編。録音された音源の必要な部分を切り出してつなげたり、いらない部分を削除することによって、複数の録音テイクを1曲の音源にまとめるやり方を解説します。
音楽制作の世界がもっと身近に体験できるようなセミナーです。全7回を予定していますが、どれも1回で完結する内容なのではじめての参加も大歓迎です。

+++
出張サイデラ・モーニングセッション#60『はじめてのPro Tools。ステップ 4  編集編』

講師:山下 潤(サイデラ・マスタリング インターンシップ、JAPRS Pro Tools検定Bランク取得)
日時:2015年4月16日(木)9:30-10:30 
場所:バレオコンジャパン http://valeoconjapan.jp/company-info/access/
東京都渋谷区神宮前5-46-12 Mビル2F
参加費:無料

☆お申込みは 会社名、氏名を記して以下のメールへお申込みください。折り返しご案内を差し上げます。
☆多数の応募があった場合、抽選でのご案内となります。予めご了承ください。