2012/02/29

やなぎなぎ/ビードロ模様


TVアニメ「あの夏で待ってる」エンディングテーマ
「やなぎなぎ/ビードロ模様」
2012.2.29(WED)リリース!
GNCA-0236
ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
¥1260
1.ビードロ模様
作詞:やなぎなぎ / 作曲:中沢伴行(I've sound) / 編曲:中沢伴行、尾崎武士(I've sound)
2.concent
作詞・作曲:やなぎなぎ / 編曲:飛内将大(agehasprings)
3.ビードロ模様(instrumental)
4.concent(instrumental)



2月29日発売のやなぎなぎさんのニューシングル「ビードロ模様」のマスタリングをやらせていただきました。

事前に音確認
「ビードロ模様」の参考音源(ミックスマスターをWAVES L2でマキシマイズしたもの)を事前に送っていただいたので今作のサウンドのキャラクター、音圧レベルなどを確認することができました。言葉では伝え難いニュアンスも音源があると共有しやすく、よりイメージに近いサウンドに仕上げることができます。
オリジナルのミックスマスターはヘッドルームが充分にありバランスがよく、自然な素晴らしい仕上がりでした。このような音源からのマスタリングでは、音圧をギリギリまで入れる。あるいは出来る限り奥行き・広がりを大切に。などあらゆる方向性に選択肢が拡がります。

やなぎさんのリクエスト
まず最初にやなぎさんと一緒に参考音源を聴きながらサウンドの方向性を決めます。リクエストは3つ。
「声の透明感を引き出して欲しい」
「もう少しだけ広がりが欲しい(サビでパッと広がる感じ)」
「ある程度の音圧も欲しい」

いつもならDSDデータにアップコンバートしてのマスタリング作業ですが、今作は音圧レベルが必要なことと、TVアニメ「あの夏で待ってる」のエンディングテーマということもありテレビのスピーカーでも前に張り出してくる音に仕上げるため、PCMで作業しました。

音作りの土台は機材とケーブルの選択で
テレビやラジカセなど小さなシステムでも聴感上大きく聴かせるには、音量レベルの大きさではなく楽器の輪郭がハッキリした芯のある音に仕上げることが大切です。そのために音源の送り出しに使うPro Tools用Macの電源ケーブルをアレグロケーブルに交換。こうすることでボーカル、キック、スネアなどセンター成分の楽器の音像を大きく表現することが可能になります。AD/DAコンバーターはタイトで中低域に厚みのあるPrismSound ADA-8を使用。声の透明感を引き出すためにアナログコンプのPrismSound MLA-2をスルーで通してシルキーな倍音をプラス。ADA-8からMLA-2へのアナログラインケーブルはアクロテック8Nケーブルで輪郭を強調。

各機材の入力レベルの微調整
バランス、ニュアンスの調整はEQとアナログコンプ、DAコンバーター、ADコンバーターの入力レベルの微調整で行います。アナログ段を持った機材は入力レベルでサウンドのニュアンスが微妙に変化するからです。適正レベルではフラットなまま。入力レベルを上げて機材をドライブさせるとハーモニック・ディストーションが生じ透明感、艶がプラスされます。このさじ加減で歌の質感をコントロールしました。

デジタルEQでバランスの調整
最後にt.c.electronic System 6000のEQでリズム、ボーカルの芯を強調しつつ、低域のバランスを調整します。具体的にはボーカルには320Hz、600Hz、1kHz、2.5kHz、6kHz、16kHz辺を低域は26Hz、63Hz、120Hz、180Hz辺りをコントロールしました。一つのEQで処理すると目的としている楽器以外の帯域がブースト、カットされてしまうため複数のEQで処理しています。やなぎさんはとても耳が良く、EQの音決めはとてもスムーズに行うことができました。

※あくまで僕の考えですが「周波数帯域と音の特徴」
超低域(32Hz以下)→低域のエアー感、部屋鳴り
低域(32Hz~125Hz)→低域の量感、太さ
中低域(125Hz~250Hz)→低域の厚み
中域(250Hz~1kHz)→ボリューム感
中高域(1kHz~4kHz)→高域の厚み、音の芯を出す
高域(4kHz~16kHz)→輝き、艶、透明感
超高域(16kHz以上)→高域のエアー感


マスタリング済みの音源はやなぎさんのHPでも試聴することができます。
http://yanaginagi.net/
アナログ機材とケーブルで仕上げた透明感のあるボーカル、暖かく抜けのいいトラックはぜひCDで聴いてください。特にサビでもつぶれずに伸びやかなやなぎさんのボーカルは必聴です!

2012/02/28

コメントへの回答:モニターケーブルの選択

モニターラインのケーブルですが、モガミの2芯の2549を3mの長さで使用しています。ただ、ハイ上がりになるのでフラットではないとよく聞くのですが、2534の方がフラットで良いのでしょうか?初期型のNS-10M(ユニット交換メンテ済み)にヤマハの業務用アンプ、スピーカーケーブルはベルデンの8460です。4S6の方が定番でしょうか?ツイーター特性の好みでいまでも初期型を使用しています。

2芯のモガミ 2549はバランスがよく歌や楽器の定位がしっかりしたケーブルだと思っています。ヤマハ NS-10Mは決してHiFiではなくどちらかというと派手でボーカルの帯域が大きく聴こえるスピーカーなのでこのシステムに導入すればハイ上がりに聴こえるかもしれません。それに対し4芯のモガミ 2534の方が音質的には柔らかくナチュラルです。ボーカルもオケに馴染み、キックのアタックは2549と比較して弱めですがレンジが広い。

音楽制作の現場ではミキシング・コンソール、プロツールスのアウト「そのままの音質」が、録音/再生されることが理想的です。もし2549でサウンドがハイ上がりと感じるなら2534のほうが相性がいいはずですので試してみてください。カナレ L-4E6Sも抜けがよくレンジの広い。ベルデン 1192Aは低域が豊かな中低域に厚みのあるケーブルです。どれも同価格帯のケーブルですからぜひ比較試聴をおすすめします。必ずお気に入りのケーブルが見つかるはずです。

サイデラ・マスタリングではモニターラインは全てSaidera Ai SD-9003ケーブルを使用しています。色づけが無く「そのままの音質」で伝送するケーブルです。モニター環境をグレードアップしたい場合には一番オススメのケーブルです。

[ サイデラ・マスタリングお問い合わせ/ご予約フォーム→→ ]
[ Saidera Mastering Blog Archives→→→ ]

2012/02/27

「沢登秀信/Live」



シンガー・ソングライターの沢登秀信さんの「Live」という作品のマスタリングをやらせていただきました。

この作品は1990年代後半の、プラグインパワーの小さなコンデンサーマイクと、MDでのライブレコーディング。そんな録音機材ですから演奏が一番盛り上がるところでは逆に、過度なリミッティングがかかり音量が波打ってしまう。色々な方にオリジナルMDを聴いてもらって、「どうにかならないか」と言うとみなさん異口同音に「どうにもならない」と返ってくるので、一年の歳月をかけてMDからの音源をご自身でトリートメントされた渾身の作品です。

そのトリートメントの方法がまた、お話を聞いているだけで苦労が伝わってくる内容で、ドラムの層、ベースの層、、と音源を重ね、各層ごとにボリュームカーブとEQを施していったそうです。

そのようにして仕上がった音源のマスタリングをご依頼いただいたのには過去のとあるご縁がきっかけでした。沢登さんも親しいギタリスト千代正行さんの「Bouillon」というアルバムのマスタリングを僕が手がけていて、「サイデラ・マスタリングの森崎」というキーワードをずっと頭の片隅に置いていてくれていたようなのです。

「ことあるごとにこのMDを引っ張り出して聴いてみると演奏の素晴らしさが伝わって来る。なんとしても世に出したい。」
沢登さんのサウンドに込められた思いは一聴して分かりました。

沢登:音どうですか?
森崎:演奏が最高にかっこいいです!すばらしい作品になりますよ。
沢登:音が悪いって引き受けてくれないと思っていました(笑)。どうにもならないと言った連中をビックリさせたいですね!
森崎:任せて下さい!

ライブ当日の演奏の緊張感、空気感が伝わってきます。マスタリングでは最大限にそれを活かして音作りしました。耳で聴くというよりもライブを体感する、体で感じるサウンドに仕上げました。ローエンドもギターアンプやベースアンプの箱鳴りを活かすためにあえてカットしていません。曲ごとの音量レベルも、スタジオ録音作品では歌の聴こえ方で調節することが多いですが、この作品ではあえてオケでレベルを調整しています。ボーカルはバンドの一部としてとらえました。

沢登:50歳を目の前にしてようやくこの作品を完成させることができました。次回作は一発録りかな。
森崎:ブースを仕切らずにのレコーディングですか?
沢登:出来れば2chダイレクトで(笑)
森崎:次回作も楽しみにしています!

通し試聴で沢登さんから、「森崎さん、MDでは分からなかったフレーズを今日初めて聴き取ることができました!」と言って頂いた時にはうれしかったです。CD発売はもう少し先になりそうとのこと。乞うご期待です!

沢登さんオフィシャルHP[沢登ワールド]
http://www.SAWANOBORI.COM/
サワノブログ
http://blog.livedoor.jp/sawanobori_w/


2012/02/15

「LEO/ONE VOICE」


発売日:2012年2月15日
SAVAGE/SCM MUSIC
品番:SVG-003
タイトル「ONE VOICE」
¥2,400-(in tax)
JAN:4580351343545


本日発売!男性R&BボーカリストLEOさんのニューアルバム「ONE VOICE」のマスタリングをやらせていただきました。LEOさんは「SUGAR SHACK FAMILY/SUGAR SHACK FACTORY」に参加されていたり、1月18日発売の最新シングル2タイトル「君がくれたもの」「あなたがそばにいること」(こちらはタワーレコード限定シングルです!)もマスタリングをやらせていただきました。そして今アルバムはLEOさんの過去の楽曲から新曲までまさに集大成、聴き応えのある作品です。皆さんぜひCDを聴いてください!

マスタリングの作業はほとんどの楽曲のミックスを担当されたエンジニアのKamata君が立ち会ってくれました。彼からのリクエストは2つ。
「前回のシングルよりもボトムのしっかりした重いビートに仕上げて欲しい」
「音の抜けはいつもの森崎さんのフィーリングが欲しい」
これは「スターリングサウンドのクリス・ゲリンジャーの低音と、トム・コインの抜けを併せ持った」サウンドです!このやりがいのあるリクエストには以下のようにチャレンジしました。

シングルでのマスタリングと同様と24ビット/48kHzのWAVファイルをPro Toolsで再生しますが、Mac本体の電源ケーブルにアレグロの電源ケーブルを使用し、Pro Tools上のプラグインSlate Digital FG-Xで微調整しあらかじめボトムがファットなサウンドを作ってからマスタリング機材を通します。シングル「君がくれたもの」では歌詞がはっきり聴こえるボーカル中心の音作りで仕上げましたが、今アルバムではボーカルとオケが一体になって前に張り出す、厚みのあるサウンドに仕上げてあります。

LEOさんの魅力はなんといってもその声です。初めてマスタリングしたとき日本人離れした倍音のある声にとても感動しました。今アルバムの収録曲には録音された年に数年の開きがあります。初期の頃の曲は明るくクリアーな声ですが、最新の曲では深みが増しより存在感のある声に変わってきています。それぞれの楽曲の歌い方のニュアンス、声質の変化をじっくり聴いてみてください。

SVG-003「LEO/ONE VOICE」
01. 君がくれたもの
02. 君におくる歌
03. どうして二人は・・・。
04. 希望の未来
05. Can you hear me?
06. IN MY LIFE
07. Moments(Interludo)
08. Flashlight
09. JUMP UP
10. I Know U Want Me
11. Dream Of Love(Part1)
12. あなたがそばにいること
13. ひとつだけ
14. NEXT STAGE feat.L&J,真之介,MICHIYA

2012/02/10

予告:サイデラ・モーニングセッション#48「ECLIPSE TDシリーズスピーカー 視聴会」


サイデラ・モーニングセッション#48「ECLIPSE TDシリーズスピーカー 視聴会」
日時:2012年2月14日(火)9:00-10:00AM
テーマ:Eclipse TD510ZMK2 とTD508MK3 の視聴
場所:サイデラ・マスタリング (最寄り駅;東京メトロ外苑前、JR原宿)
http://www.saidera.co.jp/paradiso/map.html
持ち物:視聴用CDまたはSACD(任意)

参加申し込み:saraudon009@gmail.comまで、メールにてお名前/会社(学校)名をお知らせください。応募多数の場合抽選となります。

ECLIPSE TDシリーズスピーカーの設計思想である「正確な再生」を追求し続けて10年目に誕生した「TD510ZMK2」。最上位モデル「TD712zMK2」と同様のスタンド一体化構造とし、インパルス応答と周波数特性の向上で「より正確な音」に近づきました。そして「TD508MK3」は、ハイコストパフォーマンスモデルです。世界初の全面「AURAL SONIC」仕様空間にこちらも生まれ変わったサイデラ・マスタリングでご視聴いただきます。

当日はみなさまがリファレンスにしているCDもお持込みください。
質疑応答に応えてくれるのは、小脇 宏氏(富士通テン株式会社)

http://www.eclipse-td.com/products/td510zmk2/index.html
http://www.eclipse-td.com/products/td508mk3/index.html
http://www.miroc.co.jp/magazine/archives/16268
http://surroundterakoya.blogspot.com/2012/01/science-of-accurate-sound.html
http://www.phileweb.com/news/d-av/201201/24/30192.html


[ サイデラ・マスタリングお問い合わせ/ご予約フォーム→→ ]
[ Saidera Mastering Blog Archives→→→ ]

2012/02/09

波形のお話


今、スタジオに写真とりにいったらいい話を聞いたのでご紹介。エンジニアの会話。
森崎「これ波形、いいんですよ。ミックス素晴らしいんです。」
兼重哲哉さん「コンプかかりすぎてるのって、こげちゃったみたいですよね。」
森崎「そうなんですよ、ミックスで(マスタリングDAWのsoundBladeをさして)こうなってると、なにもできない。」
兼重「コンプかけすぎのミックスは、こげちゃったトーストみたいですよね。もどせない。」
森崎「空気感を残したまま、ボリュームあげるのはマスタリングスタジオの機材でやった方が絶対いいんです。」
兼重「自分でもWAVES L3などでシュミレートしながらミックスをしていますが最終的には外しています」
森崎「理想のミックスとは?」
兼重「ピークメーターとVUメーターの振れ方が同じようになるのがベストだと考えています。」
森崎「(兼重さんの音源は)メーターの振れ以上に大きく聴こえます。」
兼重「キック、ボーカルなどのセンター成分の音作りには特にこだわっています。基本的にミックスはNuendoでやっているのですが、空間系はさておき、コンプなどのダイナミクスコントロールはすべてアナログ機材を通して行なっています。」


兼重 哲哉
Tetsuya Kaneshige

1979年生まれ

大学卒業後、WHITEBASE STUDIOに入社。アシスタントエンジニアとして、数多くのアーティストのセッションを経験し、2006年にはTOM・TOM STUDIO設立に参加。同スタジオのチーフエンジニアに就任。2008年6月より独立し、現在はフリーランスで活動中。

2010-2011参加作品
i-dep・NONA REEVES・SCANDAL・HALCALI・SUPER BEAVER・八十八ヶ所巡礼・and more

http://www.tetrapot.com/credit.html