2012/07/25

祝発売!「Coba-U/泣き夏レゲエ」




Coba-Uニューアルバム
OVLC-32 定価¥1,500(税抜定価¥1,429)

「泣き夏レゲエ」インフォメーションページで全曲試聴できます!
http://www.bahamasrecords.com/artists/cobau/disc008.html

Official Web Site http://coba-u.com
Official Blog http://ameblo.jp/coba-u/
facebook  http://facebook.com/cobaugao
twitter http://twitter.com/Coba_U


01. キセキ〔作詞・作曲:GReeeeN〕(GReeeeN)
02. 青空〔作詞・作曲:真島昌利〕(THE BLUE HEARTS)
03. 涙がキラリ☆〔作詞・作曲:草野正宗〕(スピッツ)
04. 歩いて帰ろう〔作詞・作曲:斉藤和義〕(斉藤和義)
05. 風をあつめて〔作詞:松本隆 作曲:細野晴臣〕(はっぴいえんど)
06. ハイウェイ〔作詞・作曲:岸田繁〕(くるり)
07. 中央線〔作詞・作曲:MIYA〕(THE BOOM)
08. ここにしか咲かない花〔作詞・作曲:小渕健太郎〕(コブクロ)
09. 奏(かなで)〔作詞・作曲:大橋卓弥/常田真太郎〕(スキマスイッチ)
10. Three Little Birds〔作詞・作曲:Bob Marley〕(ボブ・マーリー)

参加ミュージシャン:石井マサユキ(All Instruments)ピアニカ前田(Pianica: Track10)土生“TICO”剛(Steel Pan: Track1)icchie(Trumpet & Trombone: Track5)草間信一(Keyboard: Track 8、9)

Produced & Arranged by Masayuki Ishii
制作:株式会社バハマ・パブリッシャーズ
発売・販売元:OVERLAP RECORD

++



本日祝発売!Coba-Uさんニューアルバム「泣き夏レゲエ」のマスタリングを担当しました。誰もが知っているポップスの名曲のカバーアルバムです。Coba-Uさんの魅力的な声とそれを優しく支えるオケ。歌詞の世界が目の前に浮かんで来る。ちょっと切ないけど心地よい、この夏にぴったりのアルバムです。

今作はなんとプロデューサーの石井マサユキさんご自身による渾身のミックス!石井マサユキさんとは「GABBY&LOPEZ/Twilight For 9th Street」のマスタリングでもご一緒させていただきましたが、今作の歌の存在感、ギターの響き、低域の厚みは生音を知り尽くしたアーティストだからこそできる素晴らしいバランスです。マスタリングではそれらを最大限に引き出す方向で音作りを進めました。

サウンドの方向性は「アナログテープのような中低域のしっかりしたサウンドに」。そのためにDA/ADコンバーターはPrism Sound ADA-8。声の輪郭、透明感を出すためにDAしてからPrism SoundのアナログコンプMLA-2へのケーブルはモガミ2549を選択しました。このケーブルは日本人の声には非常に良くマッチします。

機材、ケーブルのセッティングが決まったらいよいよ最後の追い込みです!ADA-8(ADコンバーター)を24ビット/44.1kHzと24ビット/88.2kHzそれぞれで動作させサウンドのキャラクターを比較します。44.1kHzでは歌やメロディーラインが分かりやすいサウンド。それに対して88.2kHzでは奥行き、広がりがありオーディオ的に心地よいサウンドです。ラージモニター、ラジカセ、ヘッドフォンで聴き比べ最終的に声がしっかり前に出る24ビット/44.1kHzを採用しました。こちらの方が音の輪郭が若干にじむために声や楽器の音像が大きく聴こえ、ラジカセなど小さなスピーカーで聴いた時にグッと前に出てくるサウンドになります。

切ないながらもメロディーがすっと自然に入ってくる、そんなサウンドです。ぜひCDを手にとってみてください。

2012/07/23

DSD Field Recording:MUSHのDSD録音記(その1)「盆踊りと太鼓」


どうもMUSHです!

サイデラ・マスタリングではKORG MR-2000S複数台でのマルチトラックレコーディングなんかもやっているわけなのですが、個人的な趣味でミニマムなレコーディングセットでのDSD録音記の連載をはじめることにしましたお。

(その1)は週末に近所の神社で、お祭りとセットでやっていた盆踊り。非常にローファイな拡声器のサウンドと、それに合わせて叩かれていた生の大太鼓小太鼓。DSD録音でフラッターまで記録しちゃいました。ノンEQ、2.8MHzのDSDから24ビット/96kHz WAVへKORG AudioGateでフェードを書いて変換のみ。9624でも、オリジナルに比べるとほんの少し固い部分が出てきてしまうんですよね。



2012/07/03

鈴木良雄 Bass Talk『ダンシング・ルナ』@HAKUJU HALL

インターンの福元です!

今日は、鈴木良雄 Bass Talk『ダンシング・ルナ』リリース記念コンサートの鑑賞レポートです。6月22日金曜日夕方、サイデラ・マスタリングでのインターンシップを終え、竹下通りと代々木公園を抜けて白寿ホールへと向かいました。クラシック・ホールである白寿ホールでの「鈴木良雄 Bass Talk」によるコンサートは19時開演。音抜けと響きの良いホールで、フルート/ピアノ/ウッド・ベース/パーカッション+ドラムスによるアコースティック・コンサート。エントランスからホール内に入った瞬間、何かわくわくする場所に来たと思いました。

前から4列目の席に座り、いよいよ開演です。


パーソネル:鈴木良雄(b)、井上信平(fl)、野力奏一(pf)、岡部洋一(perc)
セットリスト:ダンシングルナ

タッチ・オブ・スプリング
ニュー・ヨーク・ブルー

フェアリーズ・トーク 等

ガッバーナを着た井上信平さん(fl)は、とてもセクシー!で、優しいフルートの音色に乗せて、特に野力奏一さん(pf)と息の合った演奏をしていました。(終演後、二人はがっちりと握手していたのが印象的です!)コンゴを足下に置き、その周りにドラム・セットを組んだ岡部洋一さん(perc)は全体を纏め、曲の盛り上がりに欲しい音は必ず奏で、アンコール後の曲で魅せた5分程の長いソロでは、拍手喝采を浴びていました。それは会場全体が喜びに満ち溢れる雰囲気に包み込まれた瞬間でした。鈴木良雄さん(b)のウッド・ベースは、生音だと言う事が信じられないくらいのボリュームのある音で楽器がとてもよく鳴っていました。楽器自体も最も良質なウッド・ベースで、世界のウッド・ベースでも50本のうちに入る楽器を使っている、と聞いた事があります。公演後半では、鈴木良雄さんの故郷である木曽福島から駆けつけて来た3人の男性がステージに上がり、「木曾節」を披露しました。(3人のうち2人は僕の隣に座っていたので、謡う方たちとは知らず、びっくりしました!)感動的な締めくくりとともに、この「木曽節」は心に残りました。そして、スタンディング・オベーション。観客全員が立ち上がり、惜しみない拍手を送り続けていました。スタンディング・オベーションが起こるコンサートを久しぶりに体験する事が出来ました!

アコースティックな優しい音楽(しかし盛り上がる!)を奏でるこのバンドは、吉祥寺サムタイムなど、都内のJazz Spotで連夜演奏しているので、また聴きに行きたいと思っています!結成からなんと12年目だそうで、息がぴったりなのもうなずけます。

以上、鑑賞レポートでした!