2011/01/31

サイデラ・モーニングセッション#033が終了しました

どうもサラウンド戦略推進のMUSHです!
サイデラ・モーニングセッション#033「第53回グラミー賞サラウンド部門ノミネート作品視聴」が終了しましたよ!
ところでみなさん、かのグラミー賞にサラウンド部門があるのはご存知でしたか?2004年の47回グラミー賞より設置されたこの賞、2007年の50回には「The Beatles / Love」も受賞しています。The Beatlesをサラウンドで!

さて今年のグラミー賞サラウンド部門は非常に多彩なノミネート作品が揃いました。CD不況と言われている中、5作品全てがまったく違う形態のパッケージ作品となったのには要注目です!サイデラ・モーニングセッションでは音源の視聴と参加者による受賞作品大予想が行われましたよ!
サイデラ・モーニングセッション参加メンバーが多数決で予想する第53回グラミー賞サラウンド部門受賞作品は、、、






「Songs And Stories (Monster Music Version) / George Benson」
となりましたよ!「Monster Music」のWebサイトで視聴できるのアルバムのメイキング映像にある豪華共演者とのレコーディング風景は必見です!
気になる第53回グラミー賞授賞式は2月14日9:30AMから!(日本時間)
++
01. Britten's Orchestra / Michael Stern & Kansas City Symphony [Reference Recordings]
→SACD Hybrid
02. Trondheimsolistene - In Folk Style / TrondheimSolistene [2L]
→SACD Hybrid + Pure Audio Blu-ray
03. Songs And Stories (Monster Music Version) / George Benson [Concord Records/Monster Music]
→「SUPER DISC」(DTS 96/24, DolbyDigital, Dolby Headphone, PCM Stereo)
04. parallax eden / David Miles Huber [51bpm]
→DTS-CD
05. The Incident / Porcupine Tree [Roadrunner Records]
→DVD-Audio/Video

01. Britten's Orchestra / Michael Stern & Kansas City Symphony [Reference Recordings]
縦横5~60m、高さ約30mのドーム状のCommunity of Christ Auditoriumで録音されたSACD。5.0chの多いクラシックのタイトルには珍しい5.1chのミックスです。非常に低音が多いバランスに仕上げられておりグランカッサの響きがすごい!収録会場の高さをとても感じられる潤沢な響きは、サラウンドならではの表現です。

02. Trondheimsolistene - In Folk Style / TrondheimSolistene [2L]
ノルウェーのレーベル、[2L]の特徴として、(1)録音機材、風景、配置図が公開されていること(2)指揮者を取り囲むような楽器配置で、指揮者の位置で聴いているかのようなサラウンド音場になっていることが挙げられます。弦のダイレクト音がこれだけ繊細に録音されている作品はそうないのではと感じさせます。ストリングスに取り囲まれるサラウンド音場に初めは戸惑うかもしれませんが、多くの人にとってこれは初めての音楽体験です。

03. Songs And Stories (Monster Music Version) / George Benson [Concord Records/Monster Music]
小音量から徐々に音量を上げていったときにキックのスピード感、量感にぶっとびます!surround producerはJohn Burk, Noel Lee そして Marcus Miller。Surround MixはDon Murray

04. Parallax Eden / David Miles Huber [51bpm]
サラウンドMix、サラウンドMasteringまで全てひとりでこなす彗星のごとく現れたMr.SURROUND、グラミー賞サラウンド部門2年連続ノミネートのDavid Miles Huber氏によるDTS-CD作品。vimeoで今作のメイキングについて語っています。「Making of parallax eden」

05. The Incident / Porcupine Tree [Roadrunner Records]
この作品でまず注意しなければならないのは、現在Amazon.co.jp等で流通しているものは2CD仕様のステレオで、サラウンドで聴くにはwww.burningshed.comで購入できるDVD-Audio/Video仕様のものが必要です。(10€+Shipping)ロックの分厚いギターを表現するのにエネルギーを分散できるサラウンドでは表現出来る「分厚さ」が素晴らしい。また空いたギターのスペースにドラムがより立体的に腰をおろし、激しいながらも耳心地のよい丁寧なサラウンドミックスはバンドのフロントマン、世界一サラウンドにハマっているアーティストのひとりSteven Wilsonによるもの。


Saidera Mastering Blog Archives→→→

2011/01/26

いよいよ明日!サイデラ・マスタリングプレゼンツRock oNセミナー

どうもMUSHです!

いよいよ明日!1月27日18時30分より、弊社チーフ・エンジニア森崎雅人によるマスタリングセミナーがRock oN渋谷店にて開催されます。明かされる事のなかった部分も多いマスタリングのハウツーから、弊社の一番のこだわりであるモニタースピーカー調整のノウハウまでを惜しげもなく語る大入りなセミナーです。
セミナーはUstream中継がありますので是非視聴、Twitterでの「つっこみ」をよろしくお願いします!

↓トピックスの一部をご紹介↓
*こだわりのアナログケーブルのサウンドキャラクター聴き比べ
*楽曲の中心、キックとボーカルのEQテクニック
*奥行きのある音に仕上げるテクニック
*最新のDSDマスタリングとは?
*いますぐに出来るモニター環境改善の6つの方法

++
サイデラマスタリングプレゼンツ「秘伝マスタリングテクニック極秘公開」
開催日:2011年1月27日(木)18:30〜
講師:森崎雅人(サイデラ・マスタリング チーフ・エンジニア)
会場:Rock oN渋谷店(会場でのセミナー聴講は満員で締切りとなりました)
Ustream中継URL: http://www.ustream.tv/channel/rock-on-company
セミナー特集ページ: http://www.miroc.co.jp/magazine/seminar-saidera-mastering


Saidera Mastering Blog Archives→→→

2011/01/21

モニターの特徴が仕上がりを左右する

チーフ・エンジニアの森崎です。
重要!「モニタースピーカのサウンドの特徴」がTDの仕上がりを左右する例です。
あるエンジニアとモニタースピーカーについて話しました。「ProAcのモニタースピーカーを使っていたけど最近になって以前使用していたYAMAHA NS-10Mに戻した」とのこと。

ProAcのスピーカーはレンジが広くバランスの良いスピーカーです。ボーカルも程よくオケになじんで聴こえます。それに対しNS-10Mは、決してHiFiではなくどちらかというと派手でヴォーカルが大きく聴こえるスピーカーです。彼はなぜNS-10Mに戻したのでしょう?答えは「クライアントさんが、歌を大きくして欲しい、というリクエストが多く、ProAcでミックスするとオケとのバランスが崩れるほどに歌を大ききめにしないと満足してもらえない。NS-10Mで作業していれば聴感上のヴォーカルレベルは大きく聴こえるから。」という事でした。歌のレンジが大きく聴こえるというNS-10Mの特徴を理解してミックスしているので、ボーカル音量はバランスよく録音され問題ないようです。ただし!低音の質感などは慣れる必要がありますね。

僕はマスタリングを始めたばかりの頃、こんな体験をしたことがあります。僕はメガネをかけています。困ったことにメガネの種類によって、レンズの大きさや形によって音の反射が異なり、スピーカーから聴こえる音質が異なるのです。マスタリング後のサウンドがなぜか地味に聴こえたことがありました。機材やケーブルはチェックしても問題なかった。色々、原因を調べました。なんと実際の音色よりも派手に聴こえるメガネだったのです。そのメガネをかけてマスタリングした音を、別のメガネに替えて聴くと地味に聴こえていたのです。そんな重大なことに気がついたきっかけはヘッドフォンでした。スピーカーで聴くと派手なのにヘッドフォンで聴くと地味に聴こえたのです。ヘッドフォンの音はメガネの影響を受けません!まさかこんな身近に原因があったと知った時はビックリ?!しました。これを教訓に、メガネの選定にはファションではなく「裸眼と近い聴こえ方をするもの」を厳選しています。

マスタリング・エンジニアの中には仕事の時は襟付きのシャツやハイネックを着ない方もいます。最高の仕上げをするためには体調なども含め身の回りから自分のリファレンスを作る必要がありますね。もっと重要なのは、体調管理。そして常に平常心。すばらしいミックスに感動しても、常に客観的に。みなさまとの立ち会いマスタリングをいつも楽しみにしています!


Saidera Mastering Blog Archives→→→

2011/01/17

DSDマスタリング(その2)「楽器の太さを表現するローミッドの表現力」


DSDのサウンドの特徴はリアリティーです。特に楽器の太さを表現するローミッドの表現力があります。アコースティックギターのボディーの鳴り、ディストーションギターのアンプの箱鳴り、ヴォーカルの胸の響き。音と音の隙間が響きでつながるので暖かみのある音を作ることが出来ます。

先日、リマスタリングさせていただいたあるアーティストさん。リクエストは「ギブソンのアコースティックギターの低域、中低域を出して音を太く仕上げて欲しい、でも全体の抜けはオリジナルの雰囲気をキープしたい。」

真っ先に思いついたセッティングはKORG MR-2000Sとアレグロケーブルの組み合わせです。素材は48kHz、24BitのWAVファイルだったので2.8MHzのDSDデータにアップコンバートしました。5.6MHzより2.8MHzを採用したのは音像の大きさ、太さを表現するためです。

ラインケーブルはアナログ感もプラスしたかったのでMR-2000SからPrismSound ADA8(AD/DAコンバーター)はアクロテック8Nでつなぎました。最初はアナログコンプPrismSound MLA-2を通しましたがTD音源が十分太かったので最終的には外しました。音の抜けはADA8の電源をAudioPrism Power Foundation 1Aの電源BOXからとりました。この電源BOXはノイズフィルターを内蔵しているためとてもクリーンなサウンドです。

DSDのサウンドのもう一つの特徴は(毎回しつこいようですが)『音像が大きく立ち上がりが速い』ことです。ハイはEQしなくても抜け、コンプのアタックタイムを遅く出来るのでファットなドラムサウンドを作ることが出来ます。ただし、ローエンドの処理はとてもシビアです。1Hzの違いが音に影響するので良いモニター環境が絶対的に必要です。

サウンドはとても気に入って頂けました。プレイバックした瞬間に「この音が欲しかったんです」と言われた時は嬉しかったですね。僕もMR-2000Sを使い始めた当初はガッツのある音を出すためかなり試行錯誤しましたが今ではPCM、DSD5.6MHz、DSD2.8MHzとジャンルやアーティストの好みに合わせて使い分けています。プレイバックで最高の音質を引き出すことがマスタリングでは一番大切だと思います。

2011/01/13

マスタリングセミナー@Rock oN Company渋谷店開催

どうもMUSHです!


みなさんもご存知、親切丁寧なスタッフさんとおいしいエスプレッソで迎えてくれ、Saidera Ai SD-9003ケーブル販売している、Rock oN Company渋谷店で開催されるRock oNセミナーに、サイデラ・マスタリングが登場します!
++
Rock oNセミナー:サイデラマスタリングプレゼンツ「秘伝マスタリングテクニック極秘公開」
日時:2011年1月27日木曜日 18:30〜
場所:ROCK ON PRO リファレンススタジオ 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ1F
定員:各回15名(先着順)※定員を超えたお申し込みは、キャンセル待ちとなります。
参加費用:無料
講師:森崎雅人(サイデラ・マスタリング チーフ・エンジニア)
参加申し込み:Rock oNのWebサイトよりお申し込みください。
++
Rock oNセミナーは毎回多彩なゲスト講師による無料のセミナーです。昨年のRock oNセミナーでエンジニア吉田保さんが講師をされた回<「We LOVE WAVES! 」吉田保、そのMIXテクニック!>USTREAMアーカイブは画面に食い入るように見てしまいました!

参加申し込みはこちらから、お早めにどうぞ!
サイデラ・マスタリングの音の朝活「サイデラ・モーニングセッション」も併せてよろしくお願いします!2011年の「サイモー初め」は1月25日を予定しています!内容は追ってお知らせしますね。


Saidera Mastering Blog Archives→→→

2011/01/12

音作りの3ステップ


本日はプラグインでも簡単に出来る、音作りの3つのステップについて。

1)音のキャラクター決め。
2)バランス調整。
3)個々の楽器の音作り。
1)マスタリングで一番大切なことはTD音源のクオリティーを100%引き出すことだと思っています。そのためEQなどを施す前に、楽曲やジャンルに合った機材、ケーブルの選択を最初に行います。目的は機材、ケーブルのもつサウンドキャラクターを積極的に音作りに反映するため。もう一つは聴き比べの過程でアーティストの好み、音の方向性を理解するためです。
※プラグインで作業する場合、最初に楽曲に合ったプラグインを選択します。

2)次にバランスの確認をします。問題なければそのままでOK。例えば低域が少し多い場合はマルチバンドコンプでバランスを整えます。(この作業ではコンプは使わず、あくまでレベル調整のみを行います)クロスオーバーは60Hz〜160Hzあたり。ほんの少しレベルを下げると音の抜けが良くなるはずです。また、メーターは触れているけど聴感上の音圧感が無いときも低域が多すぎるので少し下げましょう。

3)そして最後に個々の楽器の音作りを行います。1)、2)で仕込みが出来ていれば音作りはとても簡単になります。マスタリングではトータルでEQを施すので必要なポイントのみを正確にブースト、カットする必要があります。例えばボーカルなら声の量感、芯、倍音、艶と分けて考えます。

<ボーカルの基本EQ>
声の量感:600Hz〜800Hzをブースト
声の芯:1.0kHzから1.5kHzをブースト
倍音:12kHz〜16kHzをブースト、10kHzからシェルビングでブースト
艶:2kHz〜3.0kHzをブースト
子音が強い:6kHz〜12kHzをカット

男性ヴォーカル、女性ヴォーカル、ジャンルによって処理は異なりますが大切なことは必要な帯域のみをEQすることです。オリジナル音源と比較しながら行うことをおすすめします。

機材、バランス、ヴォーカルの音作りを同時に判断するのはなかなか難しいですよね。上記のように音作りの過程を分けると、いま行っている音作りを集中して聴くことが出来ますよ。


2011/01/11

ローエンドの処理


本日は難関、ローエンドの処理について。

低域は「多くても心地よい音」と「多すぎると音楽のバランスを崩してしまう音」があります。ローエンドの処理はマスタリングのキーポイントの一つです。音圧、音量、レンジ、バランスなどはこの帯域の扱い方で全く変わって聴こえます。

確認にPC用スピーカーなど口径の小さなスピーカーで聴いてみることは一つの手段です。スタジオモニターと聴き比べてどのような音の変化があるか、じっくり聴き比べて下さい。国内外を問わず良い作品はあらゆるシステムでバランスよく再生されますね。ここに音作りのヒントが隠されています。というのもローエンドには実音よりも楽器の響き、部屋の響きなど広がり、空気感を表現する音が存在するのです。

マスタリングで役立つローエンド処理の効果的な方法を説明します。
1)キックの音が次の音符にかぶってビート感が出ないとき、低い帯域から徐々にローカットしていくと良い感じで音が止まるポイントが見つかる。

2)J-POPやロックで低域が多すぎて中域のギターやヴォーカルが聴こえにくい場合、ローカットをすると厚みが増し音が前に出るようになる。

3)メーターの振れより音圧感がないときは低域を確認。低い帯域から徐々にローカットしていくと透明感のある音からマットな厚みのある音に変化していく。抜けが悪くならない一歩手前がスイートスポット。
低域の処理(その2)「ローカット」
低域の処理(その3)「超低域の確認」

4)96kHz/24Bitのマスター音源を48kHz/24Bitのようなニュアンスを表現したいときにも効果的です。
ハイパスフィルターでシビアに調整する

最初は20Hz〜30Hz辺でローカットしてみて下さい。1Hz変わるだけで音のニュアンスは変わります。周波数だけでなくカーブのパターンも3dB/Oct、6dB/Oct、12dB/Oct、ベッセルカーブなど切り替えることで様々な表現が可能になりますよ。


2011/01/10

モニタースピーカーの定期点検

チーフ・エンジニアの森崎です。
年末年始に作業を休まれていた方も多いかと思うので、本日はモニタースピーカーの定期点検についてです。
点検箇所は以下の3点。
1)スピーカーの角度
2)スピーカーユニットのネジ
3)スピーカーケーブルのクリーニング

1)スピーカーの角度はリファレンスCDを再生して確認します。定位、フォーカス、バランスを確認し気になれば微調整しています。特にスピーカーをインシュレーターに乗せている場合は角度がずれやすいので注意してください。2週間に1度、またはレコーディングやTDなどのセッションが始まる前に調整すればバランスの良いサウンドをキープ出来ます。

2)スピーカーユニットのネジが緩んでくると音がぼやけてきます。締めると輪郭がはっきりしたサウンドが戻ってきます。締め方は、順序は一筆書きで星を描くように。一度に締めるのではなく全体的に少しずつ増締めして行きます。こちらは1ヶ月に一度チェックすれば十分です。

3)パワードスピーカーの場合は入力のキャノン、TRSまたはRCA端子とラインケーブルのコネクターを無水エタノール、綿棒でクリーニングしてください。音の透明感が戻ってきます。3ヶ月ごとのクリーニングが目安です。パッシブスピーカーを使用している方はプラス、マイナスのスピーカーケーブルの被服が酸化していたら新しく剥き直して下さい。(U字プラグが付いている場合はプラグをクリーニングします。)酸化してくると導体が青みがかった黒ずんだ色をしてきます。スピーカーの端子は無水エタノール、綿棒でクリーニングしてください。

P.S.
スピーカーケーブルの抜き差しが頻繁な方はケーブルの頭をハンダメッキして下さい。導体がほつれにくくなります。このとき導体全体をハンダしてしまうと音質が変わるのでケーブルの頭のみハンダするのがポイントです。

モニター改善策(その2)「スピーカーユニットのネジ締め」
キャノンケーブル磨き


Saidera Mastering Blog Archives→→→

2011/01/06

オノ セイゲン『オリーブ・トゥリー・フォー・ピース』

新年あけましておめでとうございます。

年明け早々、お詫びとお知らせを。
お客さまからご指摘によると、オノ セイゲンのアルバム『オリーブ・トゥリー・フォー・ピース』が入手できない状況にあると。中古で1枚、17800円という法外な価格になっているのは弊社としては不本意で、さっそく発売元にも追加製造をお願いしているところでございます。決して廃盤ではございませんのでご安心を。そのほかのタイトルにつきましても、お近くのレコード店でどうしてもみつからない場合は、弊社より通信販売にてお買い求めいただけます。送付手数料500円だけ上乗せさせていただきます。サインなどご希望にもそえますので、ご遠慮なくどうぞよろしくお願いします。

サイデラ・レコードでは1999年よりDSDレコーディングを強力にすすめており、スーパーオーディオCD HYBRID(普通のCDプレーヤーでもお楽しみいただけます)もいくつも発表しております。今後も(コンテンツの音楽がお気に入りいただけるかは、お客さま次第ですが)世界でもっとも高品質なレコーディングをお届け致します。

 これまでのセイゲンのアルバムでもそうなのだが、何がいいと言って、音楽が楽しい、音楽をやっているのが楽しくてしょうがない、そのかんじだ。それが伝わってくる。ミュージシャンでありつつ、職業ミュージシャンじゃないと言い、プロじゃないから、と謙遜するセイゲンは、逆にプロじゃないがゆえの快楽を存分に味わっていて、それゆえにこそプロじゃないことを宣言する。ロラン・バルトが、「アマチュア」という言葉は愛するに由来して、と書きつけるのとつうじる贅沢さが、ブリコラージュ(=器用仕事)をする楽しみが、ここにある。/小沼 純一

 このアルバムの中には、素晴らしい音楽の瞬間がいくつもある。中でも素晴らしいのは、子供の歌だろう。コーラスを外れて歌い続ける子供がいる。楽しいから歌い続けるのだ。そう、そのあどけないその歌声の向こうにある無垢な夢に驚かされるのだ。/青木和富

続きはこちら(PDF)