2013/09/25

夢でよかった

ライブレコーディング・エンジニアの西沢です。

「三つ子の魂百まで」――私の録音の原点は、幼少期の “ラジカセ遊び” にあったのではないかと思います。そして吹奏楽に夢中だった学生時代には演奏を録音し部員に配布、それが喜ばれたことも影響しているのでしょう。今になっても変わらぬことを続けているわけですが、その動機も似たようなものです。

「ライブを体験できなかった人にも聴いて欲しい!」

「唯一無二のものを後世に遺し・伝えたい!」

……こんな夢を抱いて録音に勤しんでいるわけですが、録音が “仕事” であるがゆえに、また違った夢をみるようにもなりました。

「レコーダー(録音機)が動作していなかった! ボタン、押した……っけ?」

「録音できる残り時間が5分しかない! 開演したばかりなのに……」

「音が来ない! ケーブルが繋がっていないぞ!」

「開演5分前なのに、準備が終わらない!」

「扉が閉まってケーブルが切れた!」

「似た名前の、違うホールに来てしまった!」


…ハッ。汗だくで目覚め、夢でよかったと安堵し、事故のないようにと心を新たにするのであります。


みなさんは、どんな夢をもって仕事をしていますか?
そして、職業柄、どんな夢をみますか?


サイデラ・マスタリング→www.saidera.co.jp
Saidera Mastering on Facebook→→www.facebook.com/saideramastering
電話でのお問い合わせ→03-5410-6789
メールでのお問い合わせ→→saideramastering2@gmail.com
[ サイデラ・マスタリングお問い合わせ/ご予約フォーム→ ]
[ Saidera Mastering Blog BACK NUMBERs→→→ ]

0 件のコメント:

コメントを投稿