2014/02/26

ステージ転換時のマイクロフォン移動 <その2>

ライブレコーディング・エンジニアの西沢です。

オーケストラや室内楽の演奏会では楽曲によってステージ上の楽器配置が異なる場合があり、限られた時間で配置転換が行われています。それに伴ってマイクロフォンも移動するわけですが、数が多いとやはり焦りますね (^^ゞ ……そんな中、確実にマイクロフォンを移動・設置するための工夫があります。

1.楽曲ごとに “ バミリ ” の色を変える(または曲名などを記す)

  譜面台や椅子等の “ バミリ ” と見分けがつく様に工夫しましょう


2.マイクロフォンの向きも同時にマーキングする

  指向性のある場合など、「オモテ」と「ウラ」を間違えないように!

バミリの例


3.担当のマイクロフォンを決める(スタッフ数に余裕があれば)

  担当のマイクロフォンを決めておくと、動かし忘れがなくなります。


……裏方もステージにたつと緊張するんです! 緊張して冷静さを失っても確実な仕事をするために、色々と工夫するのは楽しいですね。


サイデラ・マスタリング→www.saidera.co.jp
Saidera Mastering on Facebook→→www.facebook.com/saideramastering
電話でのお問い合わせ→03-5410-6789
メールでのお問い合わせ→→saideramastering2@gmail.com
[ サイデラ・マスタリングお問い合わせ/ご予約フォーム→ ]
[ Saidera Mastering Blog BACK NUMBERs→→→ ]

0 件のコメント:

コメントを投稿