2014/12/08

banri shiraiwa「天気雨」5.6MHz DSD配信がOTOTOYで。特別インタビュー


「banri shiraiwa/天気雨」がCD発売と、OTOTOYで5.6MHz DSD配信がスタートしました。マイク一本でミキシングなしのモノラル録音、KORG MR-1000でDSD5.6MHzレコーディングされた作品です。サイデラ・マスタリングでの5.6MHzDSDマスタリングを終えて、banri shiraiwaさんへの特別インタビューを決行しました。
インタビュアー: Mush(Saidera Mastering)


「banri shiraiwa/天気雨 (5.6MHz dsd+mp3)」OTOTOYでの購入はこちらから。
http://ototoy.jp/_/default/p/47494



Mush:「モノラル/ギターと歌/DSD」と、コンセプトが明確な作品だと思いました。今作の構想はどうやって出てきたのでしょうか?

banri shiraiwa:えー、私としては入念にアルバムの構想を練った、というような時間は一瞬たりともなくて(笑)。曲できた!結構揃ってきた。よ〜し録音しよう。DSDっていうのがヤバいらしい。わお!セールで発見!買おう!マイク一本、歌とギターっていうのもシブいよなあ〜。そのままミックスしないでマスタリングしちゃったりして☆といった流れ、というか衝動☆でスイスイ〜と決まってしまいました。

あと、これはとても大きいのですが、弾き語りをPCに向かってDTMで一人宅録、ちょっとプラグインでコンプやEQなど施して完成。という一連の作業の風情のなさ(笑)ですよね。そういう作り方は絶対にやめよう(笑)ということはなんとなく決まってました。バンドもののダビングとかなら全然楽しいんですけど、ギターと歌の弾き語りをDTMで宅録ってビックリするほど気持ち入んないですよ(笑)。スタジオのコンソール側の椅子に座って本チャンの歌を録ってるようなものですから落ち着かないんです。で、もうちょっといい気分でやりたいなあと思いまして。じゃあ単体のレコーダーだ、そしてどうせなら最高の音で録りたいなということでDSDレコーダーを使いました。


Mush:録音のロケーションや使用機材、楽器は?

banri shiraiwa:今回のレコーディングは自宅のベッドルームにて弾き語り一発録りで行いました。ギターはMartinの12フレットジョイント、スロテッドヘッドの小さいやつで「000-16SGT」というモデルです。指弾きでやさしく鳴らすにはちょうどいいギターです。録音機材はLauten Audioの「Horizon」という真空管マイクをKORG MR-1000(5.6MHz DSDレコーダー)に直につないだだけ、というシンプルなセットです。マイク一本で歌とギターを同時に録るのでマイクと自分との距離以外に考える必要がないから音楽に集中できました。


Mush:今作「天気雨」は小音量でさりげなく流しても、大音量で聴き入っても気持ち良く聴ける作品だと思いました!リスナーにはどんな風に聴いてもらいたいですか?

banri shiraiwa:この前ちょっといいイヤホンを買ってみたんですが、いいですねアレ(笑)。正直今までイヤホンにあんまり興味なかったんですが、電器屋さんで聴き比べてみると驚くほどのバリエーションでクラクラしながら選びました。音楽はライブ以外だとスピーカーで大きい音で聴くのが1番好きなんですけど、イヤホンも結構いいもんだな〜と。なのでちょっと贅沢イヤホンを耳に街中で、電車の中で、自然の中で、等々色んな場所で聴いていただけたら嬉しいなと思います。

あとはやっぱりDSD機器をバーン!と揃えていただいてですね、でっかいJBLのスピーカーなんかで聴いてもらいたいですよ(笑)、もちろん。ギターの鳴りとかツヤとかかなり違いますからね。最近はPCオーディオなんかも色々楽しそうな感じで盛り上がっていることですし、どうですか?冬のバーゲンでハイブランドのアウターを買うよりはもうちょっとリーズナブルにず〜っと長い幸せが手に入りますよ(笑)。DSDインターフェースとパワードスピーカーまとめて8万位でどうでしょう?と、世のボーナスの使い道に困っている幸せな、そしてオーディオ環境だけが惜しい!そんな方々に教えてさしあげたいです。


Mush:CDとハイレゾの印象の違いはありましたか?

banri shiraiwa:DSDレコーダーではギターをよく録るのでギターの話しになっちゃいますが、やはりリアルに録れますね。鉄の弦のギラっとした音、ボディがどーんと響いて音が伸びている状態、ちょっとしたフィンガーノイズから沸き立つ空気感、現場感。自分がギターを弾いていて「ああ、気持ちいいなあ。」と感じている部分がより濃密に、しっかり録れているので嬉しいです。

+++++


banri shiraiwa(ばんりしらいわ)
http://banrishiraiwa.jimdo.com/

1999年、charcoalのVo,Gt としてVAPからデビュー。アルバム1枚、シングル6枚を発表。
手塚治虫原作アニメ「陽だまりの樹」エンディングテーマなどを手がける。2000年解散。
その後「DadaD(http://dadadrock.com/)」初期メンバーとしても活動。

現在はベネッセ「こどもちゃれんじ」参加も話題のチルドレンミュージックバンド「COINN(http://www.coinn.jp/)」や2013 SUMMER SONICに出演、注目のロックバンド「ザ・クレーター(http://thecrater.jimdo.com/)」等でジャンルレスな活動を続けるギタリスト、シンガーソングライター。

2011年3月にファーストソロアルバム「banri shiraiwa」を発表。

2012年には過去ライブ会場のみで販売していた宅録アルバムに新しい音源を加えた
2005-2009-1
2005-2009-2
を同時リリース。

オルタナティブクラシカルフォークとでも言うべき瑞々しいソングライティング。
美しく儚く、そしてつかみ取ろうとするとすぐに目の前で消えてしまうような時間、それを切り取らんとする言葉、詩、歌。

◎ライブ情報
​12/29 下北沢 cafe kick
1/18 渋谷喫茶スマイル(レコ発ワンマン)​


サイデラ・マスタリング→www.saidera.co.jp
Saidera Mastering on Facebook→→www.facebook.com/saideramastering
電話でのお問い合わせ→03-5410-6789
メールでのお問い合わせ→→saideramastering2@gmail.com
[ サイデラ・マスタリングお問い合わせ/ご予約フォーム→ ]

0 件のコメント:

コメントを投稿