2014/07/15

アンサンブルグループ「Pacificmodern」特別インタビュー (その2)

サンプリング・リバーブで初期反射と響きをコントロールし、音色をふくよかに

山下いずる×山下美音理×オノ セイゲン


インタビュアー:久保 奈津実
(サイデラ・マスタリング)


サイデラ・マスタリングでは、マスタリングのみならず、コンサートホールやライブ会場でのDSDレコーディングも行っています。今回はチェリストの山下いずるさん、ヴァイオリニストの山下美音理さんのアンサンブルグループ『Pacificmodern』(パシフィックモダン)のレコーディングについてのインタビューです。
(その1)はこちら→http://saideramastering.blogspot.jp/2014/07/pacificmodern.html


久保:サイデラに来た目的としては、編集に残響を加えるためだったんですか?

山下いずる:マスタリングをお願いするのが第一にあって、プラス響きを足せることを知ったので、両方ですね。ぼくはよく分からないけれど、オノさんが機械をこう…カチカチやると音がきれいになる(笑)。

山下美音理:何か変わるんです(笑)。ヴァイオリンの音がきれいに聞こえる音源っていうのが、実はあまりないんです。いろんな演奏家の録音を聴いてても、もともとの演奏を生で聴いて知っているので、ホールだとすごく輝いた演奏なのに、録音を聴くと「あれ?いつもはもうちょっと響きが豊かなのに」と思うことがたまにありました。生で聴くとふくよかなものが平らに聴こえてしまうということです。この「あれ?」という感じは、ヴァイオリンは顕著に現れます。録音が難しいのかなと思っていました。だけど、今回オノさんのマスタリング後に聴いた音はふくよかさと輝きがあり、びっくりしました。「こんなに違うんだ!」と感じました。


オノ:普通リバーブをかけるっていう作業はマスタリングではなくて、ミキシングです。サイデラ・マスタリングでやったのは、特例的ではありますが、僕自身が録音からやる場合にはレコーディング〜ミキシング〜マスタリングという境目はありません。普通は、クライアントから依頼がない限りは、マスタリングで勝手にリバーブ付け足すなんてやってはいけないことです。ちなみに普通はいわゆるデジタルリバーブをかけるんですが、僕のやり方で特徴的なのはコンボリューション・リバーブ(※)にこだわっている点です。実際のステージと客席の響きの関係に置き換えられる仕組みが入っているんです。ある場所で録音した音に、別のホールの響きを重ねたり。楽器の音色の大部分とは、ダイレクト音以上に、初期反射と響きなのです。録音された状況にマッチしたリバーブを選択する必要があるので、カチカチやっていたのはどの空間の初期反射と響きが相性いいか試していたんです。Sony DRE-S777(※)は、本当にすばらしい道具なんですけどね、一般的なスタジオで導入されているのほとんど見たことないです。サイデラ・マスタリングではフルオプションで3台常設して常に大活躍(笑)。

山下いずる:貴重なんですね…。

ー(その3へつづく)

アンサンブルグループ『Pacificmodern』(パシフィックモダン)今後の活動予定はこちら

Pacificmodernが指導する室内楽ワークショップ発表会
講師演奏としてラフマニノフのピアノ三重奏曲第1番を演奏予定。
ピアノ:川田健太郎
ヤマハ銀座店6Fコンサートサロン
8/6 18:30~

Pacificmodernが指導するジュニア弦楽教室が出演するロビーコンサート
アプリコみんなの音楽祭2014
大田区民ホールアプリコ
7/26 13:00-13:30
7/27 12:00-12:30

Pacificmodernホームページ:www.pacificmodern.net/


※ サイデラ・マスタリングには、3システムのSony DRE-S777
及び YAMAHA SREV1 が常設されています。


サイデラ・マスタリング→www.saidera.co.jp
Saidera Mastering on Facebook→→www.facebook.com/saideramastering
電話でのお問い合わせ→03-5410-6789
メールでのお問い合わせ→→saideramastering2@gmail.com [ サイデラ・マスタリングお問い合わせ/ご予約フォーム→ ] [ Saidera Mastering Blog BACK NUMBERs→→→ ]

0 件のコメント:

コメントを投稿